FC2ブログ

記事一覧

FabGL Altair8800試用(その2)

FabGL Altair8800の試用記の続きです。

外部とのファイル交換の方法を探るための調査を続けています。
しかしグッドニュースはありません。

<外部とのファイル交換の方法の調査報告>
■Emulator設定のオプション「Send Disk to Serial」、「 Receve Disk from Serial」の動作について
これらのオプションの実行部分はmachine.cppの中の、686行からのsendDiskImageToStream()関数と711行からのreceiveDiskImageFromStream()関数であることが分かりました。
ファイルの有無やその記録場所には無関係に、ディスク上のすべてのトラックとセクターのデータをシリアルラインとの間で送受しています。
ここの部分は全く問題ない記述のように見えます。

しかし、実際に送られるデータを観測(TeraTermのdebugモード使用)してみると、値が0x00と0x08のデータしかありません
念のためProcessingで簡単なプログラムを作って再確認しましたが、同じ結果でした(実はあわよくばProcessingでファイル交換プログラムも作ってしまおうと考えていました)。
FabGL_Altair8080_12.jpg

■CP/Mの論理デバイスにシリアル入出力が割り当てられているか
CP/M上にxmodemなどのデータ転送プログラムを置き、それを利用してシリアル入出力を通じたデータ交換を行うための前提条件のチェックということになります(上手く行けばファイル単位でのデータ交換が可能です)。

しかし、結論を言いますと、ダメでした。
全ての論理デバイスを試しましたが、シリアル入出力に割り当てられたものはありませんでした。
FabGL_Altair8080_13.jpg

チェックは、STAT 論理デバイス=物理デバイスとしたのち、PIP 論理デバイス=B:テキストファイル名(.BASファイルで可)とタイプして、シリアル出力をチェックするというような方法で行いました。 しかしシリアル出力には何も出てきませんでした。

<今後の対応 - 他力本願しかない?>
正直言って行き詰まっています。
作者によるプログラムのアップデートや使い方等の新たな情報の開示を待つか、あるいは問題を解決してくださる新たな方の登場を待つか、ではないでしょうか。
良いアイデアをお持ちでしたら、是非コメントをください。
よろしくお願いいたします。

<2020/06/20追記>
えがら家さんのコメントに救われました。
既にAドライブにxmodemプロトコルでPCとファイル交換できるプログラムが用意されていました。
PCPUT.COMとPCGET.COMです。
PC側でTereTermを立ち上げこれらのトランジェントコマンドを使ってファイル交換できるということが分かりました。

Aドライブ、Bドライブにある、標準のCP/Mでは見かけないようなファイルは一通りチェックしてみるべきでした。

えがら家さんに感謝です。
スポンサーサイト



コメント

ファイル転送方法

こんにちは、えがら家です。
当方もまったく同じことでハマってましたがシステムディスクに転送用プログラムがあることを発見しました。
PCPUT.COM、PCGET.COMがXMODEM転送プログラムでした。
PCGET filename [port]
PCPUT filename [port]
filename ドライブ:ファイル名.拡張子
port A,B Bを指定
PCPUT PCPUT.COM B
PCGET C:PUGET.COM B
を実行してTERATERMのXMODEM転送でPC-AltairのC:,D:ドライブへのファイルの転送が可能になりました。
複数のファイル転送は面倒なのでYMODEM、ZMODEMが使えるといいですね。(今はSUBMITて手動連続で転送していますw)
https://egarake.work/

re: ファイル交換

えがら家さん

こんばんは。


情報、有難うございます。
素晴らしいです。ネバ―、ギブアップですね。
感心しました。

確かにxmodemだと多少手間はかかりますが、ファイル転送ができるのとできないのでは大違いです。

それにしてもFabrizio Di Vittorio氏にはFabGLライブラリの使い方をきちんと説明して欲しいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vabenecosi

Author:vabenecosi
ン十年間アキバに通い続けるオジサンです。自転車&バイク=二輪で旅するのも好きです。
本ブログはリンクフリーです。
本ブログの記事の内容を元にした製作等の行為は全て自己責任で行ってください。
またコメントを頂いてもスパム対策、あるいは管理者の判断により返信しない場合や削除する場合がありますが、ご了承ください。
旅関係の記事を書くこともあるでしょうが、専ら「アルバム」にて旅の写真のみを提供するつもりです。「アルバム」はPC画面では右下方に、スマホ画面では左上のメニューボタンの中にリンクがあります。

アルバム

FC2カウンター